流行りものが嫌いだった自分を妻が変えてくれた

 

妻と暮らしてそろそろ1年が経つが、一緒に暮らす中で分かったことが一つ。
妻は流行しているものを取り入れるハードルが低いということだ。

 

私はここ数年流行しているものなんて取り入れていない。

いつもと同じ場所に行き、同じようなものを食べ、同じような娯楽で楽しむ。

やっていることはもうずっと変わっていない。新しいものを自分の生活に取り入れていない。

 

一方、妻は対照的だ。

常にテレビやSNSから流行のものを取り入れ、食事も美容も旅行も新しいものを取り入れている。

娯楽だってそうだ。流行っている芸人さんや動画をマネして楽しんでいる。

 

何故私はこうも動きが鈍いのだろう。

その答えとして、一つは自分の手に馴染んだ娯楽が安心するという事だろう。

慣れ親しんだ娯楽がそれなりの楽しみを与えてくれることを知っているために自分にフィットしていない不自由さを感じてまで新しいものを取りいれる必要性を感じていないのだろう。

 

しかし実際は流行っているものに複雑なルールなんか無いし、むしろ入口が複雑に作られているものは流行りにくい。

そしてただそれに手を伸ばせば楽しむことが出来るようになっている。

妻はそれを本能的に知っているから、私が二の足を踏んでいる間に易々と流行のものを取り入れられるのだ。

 

そして私がこういう流行りものを取り入れないもう一つの理由として
流行っているものを取り入れたら今までの自分の人生を否定してしまうんじゃないかという思いがあるという事だ。

 

思えば私はスクールカーストであまり上位の方にいなかったように思う。

スクールカーストの上位の人達が妻のように流行りものに乗っかり盛り上がっている様子をよく見かけた。

それを羨ましいと思う一方で、自分はその人達のように盛り上がったり出来なかったことから、

「自分は出来ないんじゃないくて、あんな馬鹿らしいことはやらないだけだ」と考えるようになってしまった。

イソップ童話の「すっぱい葡萄」にみられるような心理的な防衛本能が働いていたのだ。

 

そういう思いが根底にあるから、今でも流行っているものを自分に取り入れることが苦手だ。

今になって易々とそれを取り入れてしまったら過去の自分と、それに基づいて形成されている今の自分を否定してしまうのではないか。

そんな考えが私の動きを鈍くしている。

 

しかし夢屋まさるの「パンケーキ食べたい」というネタをテレビで見ていた妻が私にやるように促してきたので、

渋々やったときも何故か分からないが自然と笑みがこぼれてきた。

ナカタヤスタカの耳にこびりつく電子音にあわせてパンケーキ食べたいとリズムよく歌うというシンプルさがその中毒性を増している。

次の日の仕事中に「パンケーキ食べたい」が頭から離れず仕事にならなかった。

 

AAAの西島隆弘の「トリコ」という曲のダンスが流行っていると聞けば、踊ってみようと誘ってくる。


最新版‼️ 【トリコダンス】本人映像 Nissy(西島隆弘) 吉沢亮 新木優子 杉野遥亮 Tik Tok

動画を見ながらだから完璧には程遠い出来栄えで、とてもじゃないけど人に見せられるものではない。

でも何故かわからないけど楽しい。踊りながら笑ってしまう。

 

やりもしないで馬鹿にした態度を取っていたけど、やれば面白い。

やってみて、もし仮に面白くなかったら「面白くないね」と二人で笑えばいい。

当たり前のことに気付かせてくれた妻はすごい。

ハゲ対策と頭の臭い対策

ある日、時間がなかったのでいつも行く美容室とは違う美容室で髪を切ってもらった。

そのお店では初めて訪れるお客さんに髪に関するアンケートを書いてもらうのだそうだ。

どういう髪型にしたいか、日頃どういうセットをしているか、肌に合わない薬液はあるか、髪に関する悩み事はないか。

そういった内容を共有することで初めてのお客さんでもある程度、髪に関して理解してもらってから施術する事が出来るという素晴らしいシステムだった。

 

私もそのアンケートを埋めていき
髪に関する悩みの欄には「最近フケがでやすい」と書いて提出した。

ほどなくして私の順番になり髪を切ってもらう事になった。

もちろん初対面の美容師さんで、向こうもどうやって会話していくか探り探りだったと思うが、

ここで先程のアンケートが役に立った。

 

フケが出るのは乾燥する冬場だけですか?とかフケはどれぐらい出ますか?とか最近シャンプー等、髪につけるものを変えましたか?等

思っていたより親身に話してくれたので色々話した結果、頭皮ブラシで洗い過ぎが原因だろうという事になった。

 

最近頭皮ブラシを購入し、気持ちいいからとゴシゴシやり過ぎたことがどうやら悪かったようだ。

髪をめくって私の頭皮を見せられ
「ほら見てください、お兄さんの頭皮は黄色くなってるでしょう?健康な頭皮の色って青白っぽいんですよ。この色はまずいですね。」

確かに黄色っぽい箇所がチラホラ見えた。

「あーこの部分なんかは終わってますねハハッ」なんてショックなことも言われた。ハハッって。

更に畳みかけるように「しかもお兄さんの頭皮すごい固いですね。全然動かないっすよ、頭皮の色と併せてツーアウト。スリーアウトで薄毛にチェンジっすね」なんて野球に例えて上手く言われてしまった。

 

私が困惑の色を隠しきれないでいると「でも大丈夫です」と救いの一言が。

「ウチのトリートメントを使って頭皮マッサージを欠かさなければ、まだゲームセットじゃないっす。メイクミラクルっす」

美容師界のミスターがここにいた。

「野球と頭皮はツーアウトからって言うでしょ」とその流れで言ってきたが、それは言わないと思う。

 

それにしても見事な手腕だ。

揺さぶって不安にさせておいてからの商品紹介。

ユーモラスな例え話も織り交ぜる会話術。

美容師を辞めて営業マンになっても大成しただろう。

今まで美容院の商品は買ったことがなかったが思わず買ってしまった。

買った後も追い打ちをかけるように「これサロン限定で他じゃ非売品なんすよ」と言ってきた。

なるほど、今後もこのトリートメントが欲しければ通えという事か。まったくもって抜け目のない人だ。

 

その後シャンプーの際に、「試しにトリートメント使ってみましょうか?」と言われたのでもちろん使ってもらった。

使ってもらって分かったが、このトリートメントにはメントールがゴリゴリに入っており、冬場だというのにメントールの効果でスーッとするを通り越して寒々しいほどにまで感じられた。

私の様子を見て「スーッとするでしょ?男用のトリートメントって女性用と違って香料入れたり、パーマのカールをキープできるような成分とか入れなくていいんで安いし、効果も分散しないんで楽なんですよねー」

と言った。

まるで効果に全振りしたから良い匂いとか冬場にスーッとするぐらい我慢せいと言われているようだった。

なぜか昔、母親が「男の子のお弁当ってまだ楽やわ。女の子やったら彩りとか種類とか量とか色々考えなアカンけど、男の子やったら肉!米!でええからな」と言っていたのを思い出した。

 

髪を切った爽やかさと多少のモヤモヤを抱えたまま家路につき、早速その日の晩からトリートメントを使って頭皮マッサージをした。

私が使っている体臭用のボディーソープはスイカのような匂いがするし、トリートメントはメントールの匂い。

妻に「必死すぎるやろ、洗ってる匂いまでも臭いって終わってるな」と言われました。

そんな罵詈雑言に耐えながら頭皮マッサージをすることひと月。

最初はあまり動かなかった頭皮が今はかなり柔らかくなってきました。

頭皮の色も白っぽくなってきたように感じます。

 

野球と頭皮はツーアウトからですね。

 

 

パイモア ディアクリーンパック 300g

パイモア ディアクリーンパック 300g

 

 

「はしたない」の後に続く言葉「おま○こ」以外にない説

f:id:taxholic:20190319164524j:plain

 

初めにこれだけは断っておきたいが、下ネタで安易な笑いを取ろうという意図ではない。

これ以外に言いようがなかったため、このようなタイトルになってしまった事をまずはお詫びしたい。

 

「はしたない」
たしなみがなく、不作法だ。つつしみがなく、見苦しい。

 

この説明だけ見れば、後に続く言葉はいくらでもあるように思う。

実際に「はしたない性格」や「はしたない人間」等、意味が通る言葉は作ることが出来る。

しかし小説や文章で使われたり、実生活で使用される場面は無い。

文法上正しい表現が文学的で常用であるとは限らないのだ。

つまり「はしたない」を慣用句として使う場合に後に続く言葉は「おま○こ」しかないと言いたいのだ。


例えば「忸怩たる」という言葉がある。

 

「忸怩たる(じくじたる)」
自ら恥じ入る気持ちにかられること。また、その気持ち。

 

これも「はしたない」と同様に後に続く言葉は一つしか出てこない。「忸怩たる思い」のひとつだけだ。

「忸怩たる作品」や「忸怩たる計画」でも意味は通るだろう。

しかし慣用句として「忸怩たる」に続く言葉は「思い」の一択だろう。

 

このように、一見広い意味を持つ言葉がなぜ限定的な慣用句でしか使われないのか。

それはその言葉を使用する場面も限定化されているからだ。

「忸怩たる思い」という言葉は政治家の謝罪コメントでしか使われているのを見たことがない。

「この度は、私の引き起こしたことにより、皆様の信頼を裏切る結果となってしまい、忸怩たる思いです」

この一連の文章が限定的な場面でしか使用されない故に「忸怩たる」という言葉は後に「思い」しか続かなくなってしまった。

 

では「はしたない」はどういった場面で使用されているのだろうか。

私はこの30年間、ある程度日本語に触れてきたが「はしたない」という言葉はエッチな本の中でしか見受けることがなかった。

それも「忸怩たる思い」と同様に極めて限定的な場面で使用されていた。

 

例えばこんな場面だ。

 

「宗教色の強い学校に通う女学生が用務員のおじさんと淫らな行為を行う場面」

 

「名家のお嬢様が庭師のおじさんと淫らな行為を行う場面」

 

付け加えると、一度目の行為ではなく二度目以降に「高貴なワタクシがあんな下賤な男と…」という展開とセットで使用される場合が多い。

こういった限定的な場面でしか使用されない弊害により
「はしたない」の後には「おま○こ」しか続かないようになってしまったのだ。

 

下品で申し訳ない。

ASMRが広く知られるようになって素直にうれしい

例えば学校に行くことを考えるとお腹が痛くなったり気分が優れなくなり、学校を休む。

学校を休むと決まったら、その後は元気になり遊びに出ることもできる。

 

ひと昔前だったら「甘え」とか「サボり」とか「仮病」とか言われていただろう。

 

しかし、今この症状に「腸過敏性症候群」や「学校恐怖症」と名前が付き、医師の治療が必要な病気として認知されている。

 

実際にこの症状が出て「甘え」とか言われていた人はさぞ救われたことだっただろう。

症状に悩まされること以上に周囲の理解を得ることが出来ない状況が何より辛かっただろう。

しかし他にも自分と同じ症状の人がいる。

病名が付き症状が定義され自分の状態が広く認知される。

その事実が何より嬉しかっただろう。

 

私にもそういった経験がある。

 

「気持ち良い音がある」

 

初めてそのことに気付いたのは小学生の頃だ。

ドラえもんのアニメでのび太君が走る時の「タッタッタッ」という音。

それを聞くと首の後ろ辺りから肩と背中にかけてジンジンするような感覚がしたのだ。

 

歳を重ねてもその症状は無くなることはなく「気持ちのいい音」が増えていくばかり

「料理番組で野菜を切る音」

NHK中国語講座で女性講師のブレス多めの話し方」

「映画ピンポンのラストで井浦新が子供に卓球を教える時のボールの音と囁くような声」

ニコニコ動画に投稿されたマイナーな素人ラジオのDJのボソボソ声」

 

こんなこと周りの友人には言えなかった。

のび太の足音、気持ちいいよな?」

「ピンポンの最後の井浦新の囁く声マジでゾクゾクするよな?」

言えるわけがない。

誰にも共感を得られないだろうと、このことをずっと黙っていた。

 

しかし今Youtubeに聞くと気持ちがいい音を流す動画として「ASMR」というジャンルが確立している。

ASMRとは

「Autonomous Sensory Meridian Response」

日本語にすれば自律感覚絶頂反応。私は今まで絶頂していたんだ。

 

長年、他人には理解されないと思っていたものに名前が付き、広く認識されているということで自分は特殊な人間ではないと感じられ、ただただ嬉しかった。

 

音を気持ちいいと感じる現象を広く認知してもらおうとした方は、まずこの現象に名前をつけたそうだ。

もしかしたら自分だけが感じているかもしれない現象に名前をつけ発信することはとても勇気がいる事だっただろう。

しかしその第一歩を踏み出したことで、同じ現象を感じる人が集まり、共感し、今日のような大きなコミュニティとなったのだ。

 

実は私にはもう一つ、ある現象が起こっている。

言えば変なやつだと思われると思い、誰にも言えなかった。

しかしASMRを広めた人のように勇気をもってその一歩目を踏み出そうと思う。

 

その現象の名前は

「MSS」

Miso Soup Shoulder」

日本語にすれば「味噌汁肩」

味噌汁を飲むと左肩が痛くなる現象だ。

その痛みは外部的な痛みではなく内部的な骨が軋むような痛み。

共感してくれる方が現れることを祈っている。

 

Ppomo Asmr Brain Eating

Ppomo Asmr Brain Eating

 

 

確定申告で医療費控除を受ける方に税理士からのお願い

確定申告がついに始まってしまった。

一年の間で最大の繁忙期を今年も迎えることになって陰鬱とした気分だ。

 

確定申告を行う側も

「面倒だけどやらなくちゃ…でも日々の仕事に追われているし…とりあえず今は後回しにするか」と

常にモヤモヤした気持ちのままこの時期を過ごしている方も多いと思う。

そんな時に申告者の方達の代理で申告書作成業務を行うために私達がいる。

 

その確定申告の中で医療費控除を受ける方にお願いしたいことがある。

依頼主に注文をつけるなんて大変失礼であることは重々承知しているのだが、どうしてもお願いしたいことがある。

 

医療費控除を受けるために依頼主は1年間の病院の領収書をこちらに持ってきてくれるのだが、この集計が本当に面倒くさい。

それを依頼主の方達も分かってくれているのか、ある程度まとめた状態でこちらに提出してくれる。

それはありがたい、本当にありがたいのだが、はっきり言ってしまえばまとめ方が医療費控除の申告用紙にフィットしていないのだ。

 

例えばこんな感じで医療費の領収書をくれる方がいる。

日付別にホッチキスで止めてまとめてくれる。

確かにまとめてくれていてありがたいのだが、欲しい情報の優先順位として日付はかなり後の方だ。

 

具体的には

「平成30年2月20日にAが扶養している子供Bと一緒にC病院に行き診察料を支払い、処方箋を貰って病院の隣のD薬局で薬を買った場合」

この場合、貰える領収書は4枚

①平成30年2月20日のA用のC病院の領収書

②平成30年2月20日のA用のD薬局の領収書

③平成30年2月20日のB用のC病院の領収書

④平成30年2月20日のB用のD薬局の領収書

 

これをひとまとめにホッチキスで止めて、他の日付の場合も同様にした状態で提出していただく。

確かにストーリーとして分かりやすいのだが、申告書で必要なのはそこではない。

 

医療費控除の申告用紙がこちらなのだが

f:id:taxholic:20190220124506j:plain

記載内容は大別して

①人

②病院等の支払先

③金額

となっている。

 

つまり領収書もこの順番に並んでいれば集計する作業が容易になる。

前述した具体例の場合、集計するまでに

領収書のホッチキスを外す

A用・B用と人別に分類する

A用の中で病院別に分類する

B用の中で病院別に分類する

 

この4ステップを踏んでようやく集計作業に入ることが出来る。

これならいっそバラバラの状態でもらう方がホッチキスを外す作業がない分まだマシだ。

あと留めるならホッチキスではなくてクリップが好ましい。

外す・留めるの作業がホッチキスよりも容易だから。

ただホッチキスを使いたくなる気持ちは少し分かる。

ホッチキス留めすると「やった感」がでるから。

でも整理はこちらでするのでホッチキスは使わないでほしい。

 

やってもらって嬉しいランキング

①人別、病院別の順番で領収書をまとめる

②人別に領収書をまとめる

③バラバラの状態

④上記以外の順番でクリップ留めする

⑤上記以外の順番でホッチキス留めする

 

我儘で申し訳ありません。

西野亮廣さんの満願寺での『チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~』は成功するのか

キングコング西野亮廣さんが兵庫県川西市にある満願寺で『チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~』というイベントを開催するようです。

f:id:taxholic:20190220143818p:plain

今(2月20日13時45分時点)このイベントのクラウドファンディングのページによると600人の人が支援しているようです。

かなり大規模なイベントです。

来場者はどれぐらいになるのか想像もつきません。

 

私はこの満願寺から500メートル圏内の所に住んでいました。

もちろん満願寺には何度も足を運んだことがあります。

 

川西市出身の西野さんが地方創生として私が過ごした町で地方を活性化させるイベントをしていただけることは大変ありがたいことだと思う反面、とても不安です。

イベントの規模も内容も曖昧なまま、外野からこのようなことを言うのはおこがましいと思うのですがどうか聞いてください。

 

不安な点①アクセスの悪さ

満願寺のホームページにアクセスが記載されているのですが、

f:id:taxholic:20190220143841p:plain

f:id:taxholic:20190220143828p:plain

電車で来る場合は大阪から最寄りの雲雀丘花屋敷駅(ひばりがおかはなやしき)まで約25分。

とありますが、ここから更にバスで約10分かかります。

このバスは30分に1本の間隔で出ているため運が悪ければ結構待つことになります。

帰りのバスも同様です。

駅から徒歩はオススメしません。

満願寺は山の上にあり、最寄駅から坂道を約30分歩かなければなりません。大変です。

あと駅からタクシーを検討されている方は雲雀丘花屋敷駅よりも隣の川西能勢口駅で下車されるといいと思います。

川西能勢口駅の方がタクシーの常駐台数が圧倒的に多いからです。

例えば東京から来られる方は
東京から新幹線で新大阪まで3時間、新大阪から雲雀丘花屋敷まで40分、雲雀丘花屋敷からバス・もしくはタクシーで10分。

すべてスムーズに乗り継ぎが出来たとして約4時間。往復8時間。

この移動時間だと地方の参加者は宝塚歌劇を見たついでに寄ろうとかが出来ないので普通のイベント以上に強い魅力を持たせなければなりません。

 

そして車で来る場合は駐車場が問題だと思います。

満願寺に駐車場はありますがキャパは40台ぐらいでしょうか。

そこまで大きな駐車場ではありません。

普段の参拝であれば充分すぎるほどですが、こういったイベントがある場合は足りるのか不安です。

満願寺から500mほど手前にコインパーキングがありますが、そこは20台ほどとめられます。料金は24時間で100円か200円なのでとても良心的です。

満願寺の近くにゴルフ場があるのですが、そこの駐車場を当日だけ借りられるというのであれば、駐車場問題はある程度緩和できるのかと思います。

開催する曜日によっては近くの宝塚大学や小学校の駐車場を一時的に借りるという手もあるのかと思います。

 

不安な点②周辺施設

満願寺周辺には何もありません。本当に何もありません。

酒屋さんがコンビニのようなお店をやっているぐらいです。

あとは前述したコインパーキングの側にこじんまりとした喫茶店があるぐらいです。

つまり何か食べたり飲んだりする場合はイベント参加者の持参になると思います。

そうするとゴミの問題もありますし、イベントの参加者がその地域のお店にお金を落としていく効果が薄いのではないかと思います。

だってそもそもお店がないんだもの。

一時的に場所を借りて川西市の名前を大きく出すことが、継続した地域の活性になるのでしょうか?

 


不安な点③騒音問題

夏祭りなどの地域に根差したものではない今回のようなイベントに対する地域住民の理解は得られるのでしょうか?

光る満願寺展と銘打っているように、このイベントは暗くなってからの時間帯がメインだと思います。

満願寺周辺はとても閑静な場所で夜10時頃に帰宅してくる中型バイクの音で暴走族が来たと地域住民の中で話題になるほどです。

ちなみにそのバイクに乗っていたのは私の友人です。

単純にうるさくならないのか。地域住民と軋轢を生まないか。

それだけが不安です。

 

色々と不安な点を挙げましたが、こんなことは西野さんや運営の方は当然把握されていることだと思います。

 

満願寺は灯りが少なく、夜はとても暗いです。

そんな満願寺がライトアップされる光景は幻想的でとても魅力的なものになると思っています。

 

私のような素人が思いつく程度の問題点を解決して、素晴らしいイベントになる事を願っています。

男性器は象ではない

男性器を動物に例えると何?

 

こんな質問をされたら何と答えるだろう。

おそらく多くの方が「象さん」と答えるだろう。

次点でアナコンダが来るぐらいか。

今のところそれ以外にパッと思いつくものがない。

 

しかし本当に「象さん」だろうか?

 

ネットで「象さん」のイメージに対するアンケートを実施したところ

「優しい」「穏やか」「力持ち」「賢い」という結果が得られたそうだ。

 

男性器≒象さんとイメージしているのであれば

男性器≒「優しい」「穏やか」「力持ち」「賢い」と世の女性は思っているという事だろう。

 

「力持ち」と答えた方は、漫画キングダムの嫪毐(ろうあい)のように男性器で馬車の車輪を回す男性に出会ったことがあるのだろう。

 

では「賢い」とはどういうものだろう?

毛流れが七三になっていれば理知的に見えるだろうか?

世の男性は毎朝、そちらにも櫛を通した方がいいのかもしれない。

 

ちなみにタイでは象は「戦争の象徴」だそうだ。

 

私は男性で、もちろん男性器を有しているわけだが、

自らの男性器に女性からそのようなイメージを持たれているとは驚きだった。

しかし今一度冷静になって考えてほしい。

 

本当に「象さん」だろうか?

 

ここに一枚のパンツがある。

f:id:taxholic:20190213102336j:plain


なかなか珍しいトナカイ柄のパンツで、クリスマスに何かを期待して私が購入したものだ。ちなみに活躍の場はなかった。

 

それはともかく、私は男性器を動物に例えるとトナカイであると唱えたい。

以下のトナカイを巡る具体的な男女のやりとりの自然さからもそれが伺えると思うので目を通してほしい。

 

私「ほら、これ新しい下着なんだけど、どう?」

妻「いいんじゃない。ちょっと可愛すぎるとも思うけど。」

私「そうかな?ところで正面から見てトナカイは何頭プリントされてるか数えてくれない?」

妻「うーん、ちょっと待ってね。1,2,3,4…26頭かな?」

私「えっ?13頭?おかしいなあ。ちゃんと数えた?27頭でしょ?」

妻「ちゃんと数えたよー1,2,3,4…ほら26頭で合ってるじゃない。」

私「しょうがないな、じゃあ一緒に数えてみるよ。1,2,3,4…26とこれが27頭目(ボロン)」

妻「わーほんとだ私ったらおバカさん☆。しかも27頭目のトナカイさんはお鼻が真っ赤だね」

私「こらっクリスマスはまだなのに、まったく君はあわてんぼうだなあ」

 

ちなみにトナカイは実際見てみると「思っていたよりも小さい」と思われる方が多いそうです。

 

男性器はトナカイですね。